DMオピニオン
facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
インスリンとの歩き方
遠藤 伸司

第24回 1型糖尿病と自律神経と運動

2018年07月

第24回 1型糖尿病と自律神経と運動

 僕は、また中目黒のあの串焼き屋にいた。
 苦しかったシックデイ(糖尿病の人が糖尿病以外の風邪や下痢、その他の病気にかかったときのこと:糖尿病ネットワーク:糖尿病用語辞典より)が過ぎ去ってから、2週間くらいが経ったころだった。

朝起きられない

「最近、朝が起きられないんだ。その上、朝、すごく落ち込む。」

 僕は、素直に今の症状と感情を、医者になった女友達へ伝えた。

「起きられないの?」

「そう、起きられない。起きるのが嫌だなあ、とか、眠いなあ、というレベルじゃない。体が朝から言うことを聞いてくれないんだ。だから、起き上がることもできない。今日も朝起きれなくて、会社を休んじゃった」

「えっ、会社を休んだの?」

「うん」
「だけど、今は元気そうじゃない?」
「そう夕方くらいからは、元気になってくる。だから、飲みに行こうと君を誘ったんだ。でも、また明日の朝、きっと起きれない……」
「熱はあるの?」
「ない」
「喉が痛いとか、咳が出るとかはある?」
「まったくない。夕方くらいからは、いたって元気になる」

 そう……彼女は、笑顔で話してはいたが、頭の中では知識やら、経験やら、なにやらいろいろなものを引っ張り出しているようだった。

「そういえば、この前、シックデイだったよね。そのシックデイが治ったのはいつ頃?」
「うん、治ってから、もう2週間以上は経ってると思う……」

シックデイ後の体調

 そう、2週間以上……。
 その女友達は考えてから、こう言った。

「遠藤くんの場合、シックデイが終ってから2週間くらいすると、今度は自律神経に何らかの問題が出てくるんじゃないかしら」

「自律神経?」

「たぶんね。主治医じゃないから正確なところはわからない。けれど、風邪の症状もないのに、朝起きられなくて「抑うつ」、つまり鬱っぽいってことね、たぶん自律神経から来ていると思うわ」

「うーん、なるほど」

 と僕は、わかったようなフリをして言う。

「この症状も1型の糖尿病性のものなのかな?」

「うーん、どうだろう、わからないわ」

 当時の僕は、糖尿病の三大合併症のひとつに神経障害があるのは知っていた。糖尿病の管理が悪い(つまりHbA1cが高い)と、神経障害が合併して、足の感覚などは鈍くなる。そのため、靴を新調して、痛い靴擦れができたしても、足に痛みはなく、靴擦れすら気がつかないこともあるらしい。もっとひどいケースになると、冬場、長時間こたつに入って、自分の足がやけどしていることさえ気づかないケースもあるらしい。

 そして、それを放っておくと、最悪、壊疽(えそ)などの足病変に進行するというものだ。

 ここまでは、知識としてあった。

知らない知識

 けれど、女友達が言っている自律神経とは、この神経障害と関係があるのかどうか、当時の僕にはよくわからなかった。

 ただ、この神経障害には自律神経も含まれていることは、後から知ったことだった。

 彼女はこう言った。

「私と一緒にジムでも通わない? 体調が良くなったときに、運動して体力をつけておけば、きっと少し良い方向に行くと思うから」

 運動か…….確かに今の自分の仕事(自動車のセールス)は、あまりにも運動不足の職業だった。自宅からは車に乗って会社に出社したし、お客さんの家にも車で行くし、会社からは車に乗って帰宅していた。

 運動することといえば、会社に出社して、数台の車を30分ほど洗車することぐらいだった。

 彼女とジムに行って、運動を始めてみるか……。

夢の金バッチ

 朝起きられない状況とは裏腹に、現在の僕は、会社を安穏と休んでいられるような状況にはいなかった。なぜなら、あと少しで、入社以来の夢だったトップセールスという栄誉をつかめるかもしれないからだ。

 1型糖尿病でもきちんと社会で働くことができるし、1型糖尿病でもスペースシャトルのパイロットにはなれないけれど、自動車のトップセールスになることぐらいはできる。1型糖尿病があっても、まんざら不幸な人生でもない。

 そういったことを自分に証明するために、何としても獲得しなければいけない栄誉だった。

 ただ、僕が会社を休んでいるあいだに、僕のライバルたちは、どんどん車を売り続けていた。だから、僕は焦りに焦った……。緊迫した状況にあったせいか、仕事の夢もよくみた。

 踏切で立ち往生したお客さんから電話がかかってきて、受話器から漏れるほどの大声で怒鳴られている夢やら、僕だけずーっと車が売れずに、会社をクビになる夢やら、自分の病気(1型糖尿病)を売りにして、車を売り続けているセールスマン、と言われている夢やら、とにかくネガティブな夢ばかりだった。

 まさに、そんな天下分け目の戦いの中、僕はまたしても、次の日の朝、起きることができなかった……。最悪……穴があったら地中深くまで入ってしまいたかった……。

 僕は朦朧としながら、会社へ連絡して、上司のKへ休みの連絡をした。

 それでも上司のKは、

「体は大丈夫? 仕事はこちらで処理しておくから、ゆっくり休んでください」

 と言うばかりだった。本当に、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。この上司が赴任して以来、僕の営業成績は伸びに伸びて、とうとうトップセールスまであと一息のところまで来たと言うのに……。

 いったい、この先、どうなるのだろう……。漠然とした不安が僕を襲っていた。

参考資料

糖尿病ネットワークの掲示板「糖尿病Q&A談話室」をご活用ください!

「糖尿病Q&A談話室」は、糖尿病に関する質問や相談などを通じて、さまざまな人と意見を交換できる掲示板です。直接書き込むことも、過去の質問を検索することもできます。どんどん活用して、豊かな生活をお送りください。

糖尿病Q&A談話室「シックデイ」についての質問 ▶

糖尿病Q&A談話室へ ▶

2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した
「NGSP値」で表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。

Copyright ©1996-2018 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲
このコーナーの
TOPへ ▶