DMオピニオン
facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
インスリンとの歩き方
遠藤 伸司

第14回 恋人ができるまで

2017年01月

第14回 恋人ができるまで

 営業はまさに、「仕事を取ってくるのが仕事である」と朝礼で上司は言う。

 もし仕事を取ってこなければ、つまり僕の場合は車が売れない、ということになるけれど、物理的にも、メンタル的にも、かなり追い込まれる。

 車の営業も例外ではなく、1カ月ごとに評価され、とくに(日本で名の知れているベンツとかBMWとかの)輸入車の場合は、新人の営業マンでさえ月にだいたい2 〜3台の目標をもたされていたし、中堅とかベテランと呼ばれる営業マンになれば、月に5台くらいの目標を抱えていた。

 ただ、新人でも中堅でもない僕は、2カ月ものあいだ、車がまったく売れずに困っていた。インスリンを打っても、あまり下がらない(朝食後の)血糖値のように、営業活動をしていても車はまったく売れなかった。いつもどおり、ちゃんと朝早くから出社して、手帳にぎっしり書いた営業活動を、欠かすことなくこなしていたと言うのに……。

仕事に追われて

 2カ月にわたるゼロという数字は、いとも簡単に僕の顔をゲッソリさせて、目の下にもクマを作らせた。休みの日でさえ、休んだ気分などまるでしなかったし、ときおり寝ているあいだに見る夢の中でも、給料ドロボー!とか、ろくでなし!とか、見ず知らずの他人から怒られて、うなされたこともあった。

 そして、ネガティブな気分は、さらにネガティブな感情を招いた。自分という人間がまったく使いものにならず、どこにもハマらないような品質の悪いパズルのピースに思えた。もう少し営業をしていれば、なんとかなったのではないか、と仮定法過去と書かれた牢獄に閉じ込めらた囚人にも思えた(救急車で運ばれて、低血糖昏睡から回復したときに沸き起こるあの罪悪感も、仮定法過去の産物である)。

 そんなことを考えながら、会社にあった赤い自動販売機にお金を入れて、缶コーヒーのボタンを押した。

「遠藤、体は大丈夫なのか」同僚が僕の肩に腕をのせ、声をかけてきた。

 ああ、体は大丈夫だけれど……。

 もちろん、体も大丈夫ではなかった(もはやHbA1cのことなどどうでもよかったけれど、当時使われていたJDS値で言えば8.5%のHbA1cの値だったし、今のNGSP値ならば8.9%ぐらいなので、かなり不安なHbA1cの値だった)。けれど、同僚に要らぬ心配はかけたくなかった。

「今度、飲み会やるけど来るか?」
「同じ大学だった女子が、女の子を集めるから、飲み会やろうってうるさくてさ」

 ああ、行くよ、と、あいかわらず酒の席を断ることなく僕は参加した。

合コン

 その日、僕が少し遅れてお店に到着すると、すでに飲み会は始まっていた。掘りごたつになっている居酒屋で、机の上に置かれたジョッキは半分以上が飲み干されていた。女の子が5人、同僚が7人、計12人の飲みの席だった。

「こんばんは〜、おそくなりました」
僕は、遅れたことを詫びるように、最大限の笑顔と大きな声であいさつをした。

「遅かったなぁ、まあ座れよ」と幹事だった同僚は言った。

 僕は席次を見た。普段は、将棋の駒のように向かい合って座っている男女の席順のはずが、まるで勝負がつかないオセロの白と黒ように、交互に座っていた。

 すいません……と言いながら、僕は、女性と、同僚(男)に挟まれた席に座った。ぬるくなったおしぼりで手を拭いてから、僕は隣の女の子へ声をかけた。

「はじめまして……」

 その後、かけつけのビールを1杯飲んで、隣にいた女の子と話した。不思議とあまり緊張することなく話しをすることができて、話題も途切れることはなかった。おまけに笑いながら趣味や仕事のことなど、いろいろな話もできた。

 だから、唐突だったかもしれないけれど、僕は、すぐに1型糖尿病を告白した。勇気を持って……。

糖尿病の1型と2型

「糖尿病なんだ。痩せているのに……」と彼女は言った。

 その糖尿病は2型の糖尿病で、僕は1型の……わかりにくいよね、ごめん、と僕は言った。

 医療者以外の人に1型糖尿病のことを説明しようとすると、いつも「糖尿病」というキーワードだけがヒットしてしまう。僕の病は「糖尿病1型」ではなく、「1型糖尿病」であるわけだから、つまり、病名としても、1型が先頭にあって相当強調されているはずなんだけれど、1型を省いて理解する人は本当に多かった。

 だから、僕は、まず「糖尿病」のことを「尿に糖が出る病」だと、ちょっとだけ説明して、その後、1型と2型の違いを必死で説明した……。

「つまりさ、インスリンが必要なんだ。生きていくために……」

「へえ、大変なんだね。」

 彼女は笑顔だった。それで終わりだった。彼女にとっては、病気は遠い存在であるだろうし、それが普通のことかもしれなかった。

デート

 その後、僕は彼女と出かけるようになった。60回払いフルローンで買った98万円の中古車で、僕たちはよくデートをした。食事のたびに、彼女の眼の前で僕は血糖測定や注射をした。運転中に、低血糖の症状があったときには、彼女は、ダッシュボードから果糖ブドウ糖飲料を手にとって渡してくれ、僕はゴクゴク飲んだ。果糖ブドウ糖飲料には果糖ブドウ糖以外にも、別の何かが入っているような気がした。

 一方で、彼女が優しくなればなるほど、ネガティブなことがいろいろと頭に浮かんだ。日常生活では車が売れず、おまけに1型糖尿病という病も抱え、その上、血糖値やHbA1cの結果も気にせず、ほったらかしになっていた。一人でいるときには、いつくるかわからない合併症への恐怖は、機械で膨らむ風船のようにすごく大きくなって、彼女をつくることに対するためらいを覚えた。

 ただ、彼女と会うたびに、僕が考えているよりも、彼女は1型糖尿病のことを負担だと感じていない様子だった。

(次回へ続く)

2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した
「NGSP値」で表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。

Copyright ©1996-2017 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲
このコーナーの
TOPへ ▶