糖尿病Q&A1000

Q.292 手足のしびれ・痛みなどの治療はどうするのですか?

 糖尿病性神経障害で起こる症状は、糖尿病そのものに対する治療と、神経障害を改善する治療、そして症状をやわらげる治療の三つに分けて考えます。このうち糖尿病そのものに対する治療とは、血糖コントロールのことで、詳しくはQ.41〜200で解説しました。神経障害を改善する治療についててはあとでまとめてお話しします。ここでは個別の症状に対する治療法についてお答えします。
 まずはご質問の手足のしびれ・痛みに対してですが、薬物治療では、神経の過敏性や筋肉の緊張を抑える薬(抗不整薬や抗けいれん薬など)のほか消炎鎮痛薬なども処方されます。また、つらい症状のために気分が落ち込んでいて、そのことが症状に拍車をかけている場合もあるので、抗うつ薬などの処方が出されることもあります。
 薬物治療のほかには、足や手をもんだり温めたりすることで症状がよくなることもあります(温めるときにはやけどにご注意ください。詳しくはQ.309へ)。痛みを少し我慢して歩くことが効果的なときもあります。ただ、歩くと症状がひどくなることもあるので、無理はよくありません。
 きちんと治療を守っていれば、いずれ症状は軽快します。
2006年04月25日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

03-3 神経障害のQ&A

このページの
TOPへ ▲