糖尿病Q&A1000

Q.303 排尿障害の対策や治療法は?

 トイレに行く時間を決めて、尿意を感じていなくても排尿するようにしましょう。男性の場合は便座に座ったりしゃがむと排尿しやすくなることもあるので試してみてください。排尿後には下腹部をゆっくり手で押して、残尿を出し切るようにします。薬物治療では、自律神経に作用して排尿を促す薬などが処方されます。排尿困難が重症のときには、カテーテルという管を使って排尿する方法がとられます。
 なお、女性の方の尿失禁は糖尿病とは関係なく起きていること(腹圧性失禁)も少なくありません。男性の排尿障害の原因としては前立腺肥大症がよくあります。気になる症状があれば、まずは診察を受けて原因を調べてもらいましょう。
2006年04月25日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

03-3 神経障害のQ&A

このページの
TOPへ ▲