糖尿病Q&A1000

Q.311 足に傷を作らないようにするには、どうすればよいですか?

 ポイントをいくつかあげます。
◇靴について…サイズのあった、やわらかい素材の靴を選んでください。新しい靴を履き始めたときは、靴擦れなどにとくに注意してください。
◇足をいつもきれいにしておく…「足も身のうち」と心得て、入浴の際は足の指の間などもきちんと洗ってください。靴下は毎日新しいものにかえましょう。
◇爪の手入れについて…爪切りで切ると周囲を傷つけることがあるので、やすりで削ることをおすすめします。
◇やけどに気をつける…足だけを温める暖房機具(コタツやアンカ、電気マットなど)はなるべく使わないほうが安心です。使う場合は温度設定に十分注意するとともに、低温やけどにも気をつけてください。少し暖かい程度でも長時間あたっていると、やけどになることがあります。お風呂で湯船に入る前には、まず手でお湯の温度を確認してから入りましょう。
2006年04月25日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

03-3 神経障害のQ&A

このページの
TOPへ ▲