糖尿病Q&A1000

Q.302 神経障害と排尿障害の関係は?

 症状は、膀胱に尿が溜っているのに神経障害のために尿意を感じにくくなる、そのため膀胱が徐々に大きくなってくる、膀胱が大きくなると収縮能力が弱くなって尿が出にくくなる、といったことの繰り返しで少しずつ進行していくと考えられています。排尿後も膀胱が空にならずに尿が残っていると、膀胱炎などの尿路感染症が起きやすくなってしまいますので、それを防ぐためにも早期治療が大切です。
2006年04月25日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

03-3 神経障害のQ&A

このページの
TOPへ ▲