糖尿病Q&A1000

Q.81 なぜ、朝食を食べたほうがよいのですか?

 1日2食しかとらないと、1食あたりの食事量(カロリー)が増えます。たとえ1日に摂取するカロリーの合計が3食に分けて食べた場合と同じでも、糖尿病の患者さんにとっては、これは意外なほど大きな問題です。
 血糖値はおもに食事をとることで高くなりますが、食事の量が多いほど血糖値は高くなり、その状態が長引きます。3回に分けて食べれば高血糖の程度や、高血糖の持続時間がそれほどではないとしても、同じ量を昼と夜の2回で食べると、食後の血糖値はより高くなり、高血糖の時間が長く続いてしまいます。つまり、血糖コントロールが悪くなるということです。
 最近、朝食を食べずに昼と夜の2食で済ます人が増えていますが、午前中の労働効率を高めるためにも、朝食は大切です。
2006年04月17日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-2 だれでもできる食事療法のQ&A

このページの
TOPへ ▲