糖尿病Q&A1000

Q.95 からだをたくさん使うときは、食事の量を増やしたほうがよいですね。

 いろいろなケースがあって、ひとくちでは答えにくい質問です。治療内容や作業量、また、そのような状況の発生頻度によって対応が異なります。
 食事療法と運動療法だけで治療している場合は、食事量は変えないほうがよいでしょう。からだを動かすことで消費するエネルギー(カロリー)はあまり多くはなく、意識して食べる量を増やすと、多くの場合は食べすぎて高血糖になってしまいます。また、からだを使うからといって食事を増やす機会が度々重なれば、結果的に食事療法は乱れ、体重増加、血糖コントロールの悪化につながります。
 飲み薬で治療している場合も考え方は大体同じですが、スルフォニル尿素剤(SU剤)を服用している人では、からだを激しく使うときの低血糖に気をつけましょう。インスリン療法の人は、ふだんより多くからだを使うときは、低血糖予防のために食事の量を増やしたり、補食をとる必要もあります。どのくらい食べる量を増やすか(またはインスリンを減らすか)はケースによってまちまちですので、主治医と相談してください。
2006年04月17日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-2 だれでもできる食事療法のQ&A

このページの
TOPへ ▲