糖尿病Q&A1000

Q.82 間食がいけないということは、あたり前のようにいわれています。どんな理由があるのでしょうか?

 理由のひとつは、カロリーオーバーになりやすい点です。間食として食べることが多い菓子類は、少量でもかなりの高カロリーです。例えばポテトチップスの中サイズ1袋(約80g)は約450kcal。これはご飯に換算すると2膳半から3膳近くに相当します。また、一度菓子類をつまみ始めると、空腹感はなくなっても惰〈だ〉性で食べ続けてしまいがちなものです。そのためカロリーオーバーで太ってしまい、糖尿病治療の大きな支障になります。
 理由のふたつめは、間食によって引き起こされる高血糖です。3度の食事のあとに高血糖になり、時間が経ってようやくそれが下がり始めたのに(または、まだ高血糖が続いているのに)、間食によって再び(さらに)血糖値が上がってしまいます。結果として、血糖値が下がる間〈ま〉がありません。また、菓子類は糖分が多く、高血糖になりやすいのも問題です。

2006年04月17日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-2 だれでもできる食事療法のQ&A

このページの
TOPへ ▲