メニュー MENU
腎臓病の食事療法

5. リンの制限

 リンは腎臓から排泄されますが、腎臓の働きが低下すると血液中に蓄積し、骨の異常を起こしやすくなります。そこで、リンの摂取を制限する場合があります。

リンを多く含む食品

 リンは、魚類(マグロの赤身、かつおなど)、肉類(牛レバー、豚赤身など)、卵、乳製品(牛乳、チーズなど)に多く含まれています。

リンを減らすコツ

 たんぱく質を多く含む食品にはリンも多く含まれている傾向があります。つまり、たんぱく質を制限すれば、同時にリンも減らすことができるわけです。リンをあまり含まない食品を選んで摂取する必要がありますが、それだけで十分でない場合、低リンの治療用特殊食品を利用するなどの工夫にも考慮します。

 また、薬剤でリンのコントロールが必要なこともありますので主治医に相談してみましょう。

(2016年02月)
一般の方 一般の方 医療スタッフの方
記事内容は公開当時のものです。ご留意ください。
治療や療養については、かかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
一般の方 一般の方 医療スタッフの方

腎臓病の食事療法

  • ヘルシー御膳
  • スマイル御膳
  • ソフト御膳

食事療法 最近の話題